家 こんなこと

 彩-SAI- 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.03.23[水] ある一日 見学会から 稲垣潤一まで そして・・・

おかげさまで 完成見学会も 盛況のうちに第一部を終えました
彩の見学会は 時々 同窓会の様相を呈します

それは 
期せずして ハウスオーナー様(これまで彩でおうちを建ててくださったお施主様)
や これから 建てようという 最初の見学会(平成18年)以来のお客様が
会場に集合するという場面があるからです

皆さん ずっと彩のファンでいてくださる
会場のリビングに座ってからが まるで同窓会

w86[1]w90[1]w91[1]w92[1]


『家づくり やってて良かった』
しみじみ 幸せを感じるひとときでもあります

その 和やかな時間を終え
会社に戻り 日報を書いておりましたら
社長からの電話
「おい 稲垣潤一ディナーショー(ホテル日航高知旭ロイヤル)始まっちゅうぞ!」

ほぼ 怒り心頭に発しておる状態
(ディナーショーって 私たち関係あるの・・・?)
と心の中で思いつつ
「誰でもかまんき 行かせ 一番前の席やき あけるわけにいかん!!!」

って「はぁー?」って感じで 他人事のように 構えておりましたら・・・
「今から行くぞ」
となり あれよあれよという間に
車中の人ととなり
ホテル日航高知旭ロイヤルに着いておりました

慌てて エスカレーターを駆け上がったら
支配人が 大きく手を振って
早く 早く の合図

会場に入ると
(なあんだ 始まってないじゃないの・・・)
と思いましたら
最初の一時間で ディナー
それから コンサート

という順番だったらしく
今まさに 稲垣さんが登場寸前

つまり 前菜もスープも 終わり
テーブルの上には メインのヒレ肉のお皿が一枚
と 空のワイングラス がいっぱい
状況が飲み込めないまま いきなり お肉を口にほうばり
さすがに お酒だけは きちんと注文して
麦酒 シャンパン 赤ワイン のグラスを満たしてもらって

がつがつ いただいている間に 場内が暗くなり
稲垣さんの登場です

他の皆さんは すでにお食事を済まされて
デザートも終わり コーヒーも召し上がっているご様子

ふう  まあ 滑り込みセーフと言うべきか・・・

みんな きれいにドレスアップしていらっしゃるのに
私と言えば 仕事用のスーツ姿
せっかくだったら お洒落してきたかった・・・

とか何とか言っている間に
目の前には お酒しか ないものだから
お酒が進んで

やはり稲垣さんの唄は 上手で聞きごたえがあります
その曲を聞きながら
食事をしている贅沢さに 感激してきて

おかわりしたかったのですが
唄が始まると 飲食は控えての御達しだったようで
ありきり のみきり???

中盤
クリスマスキャロルが 始まったころには
クリスマス


感激が最高潮に達してきて
たとえ どんなに季節外れであったとしても
生キャロを聞ける人は そうはおるまい
と やや 誇らしい気持ちに満たされておりました
自慢

あと 聞き覚えのある歌がけっこうありましたが
ドラマティックレイン とか
私たちは リアルタイムで 流行歌として聞いた世代

しかし
突然誘われた(空席防ぐ要因)の若い2名は 
クリスマスキャロルしか知らない状態・・・
色々な意味で 気の毒でした

でも なんとなく 引き気味の中年高年のお客様とは対照的に

私たちは 終盤 乗り乗りになって
一部 おっかけかと思われるファンの方たちが
振付つきで応援しているのを見習って
ジャンプしたり踊ったりしてショ―を盛り上げました
ほんと 楽しかった

とまあ 私としては
嵐のように 降ってわいた デイナーショーだったのですが

生クリスマスキャロも聞けたことだし
久々のコンサート気分も味あわせていただけたし
しばらくは自慢して 生きてもいけるので 
おおむね 良しとさせていただきます

帰途につきますと
目の前にあった お酒を飲み干したせいで
バタンキューと眠りについたのでした

ここまででしたら まあ結構ハッピーな一日だったのですが
そこまでで 終わらせてもらえないのが
te-chanの一日

バタンキューとなって 夜中に目覚めたのが
泣く子も黙る
じゃなくて 草木も眠る丑三つ時

階段を降りて 姑の部屋の前 明りがついていたので ややいやな予感はしたのですが
中から
「terunoさん」・・・と呼ぶ声が
「どうしたぁ?」
と聞くと
「動悸がして眠れん・・・」
彼女にしてみれば すぐ病院に連れて行って欲しかったのでしょうが
よくあることなので
まずは 頓服を服用

そして 朝の4時半
またもや 下から「teurnoさん」
と呼ぶ声
今や壁も叩いておる

しかし 私以外誰も起きぬ!!!

寝ぼけまなこでおりていくと
病院に行く 準備万端
どう考えても   **帯び運転で
姑の命じるままに 参りました

そして 病院
血圧を測ると 標準値

看護師さんも 先生を起こすまでもない と 思ったのでしょう
「受診しますか?」
と念を押され

姑は診てもらいたかったのでしょうが
どこも 普通と変わらぬ状態になっていたので
しぶしぶ受診せず そのまま帰って参りました

見学会から稲垣を経て
早朝の病院ドライブ

本日も
長い一日でした



heart1[1]heart2[1]heart4[1]heart5[1]




頑張った私に愛のポチリを
人気ブログランキングへ








Comment






(編集・削除用パスワード設定)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://iekonnakoto.blog53.fc2.com/tb.php/250-82a6a945

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

ただいま参加中 !!

高知のブログいろいろ

よろしければポチリと↑

プロフィール

te-chan

Author:te-chan
SAI 一級建築士事務所
MASAOKA.co

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

time

FC2ブログランキング

thanks!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Copyright © te-chan

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。