家 こんなこと

 彩-SAI- 

2011.06.14[火] 手のお話

花も恥じらう高校生
思えば 傷つくことへの防衛本能が働いていたのでしょう

ずっと そんなことはない 
ジョークのきつい人やなあ と思っていたので

野球部に スミオちゃんという同級生がおりました
スミオちゃん は スミオちゃんでそれ以上でも以下でもなかったのですが
(もちろん スミオちゃんにとっても同じことです)

ある日突然
もはや どんなシチュエイションであったのかは 忘却の彼方なのですが

ある日突然
「お前の手 グローブみたいやなあ」
と言われたのです

その頃の私は
育ち盛り
中学時代バレー部で どんなどんぶり飯を食べても
太らなかった勢いの食欲だけは
そのまま残り

当時の校長から
関取りいえ 横綱と呼ばれたことがあります そう言えば

なんと 単刀直入な がさつ???な 環境におかれていたことか

心はそれほど 傷ついた覚えはないのですけれど
しかも 失礼な人たちだ・・とも その時そんなに思った覚えもありません

ともかく そう
なんだか 突然 そう言われたのです

そして 言われた当の本人は
我が手がグローブである という自覚はまったくなくて


数年前まで
腕時計の似合う 可愛いお手手だと ちょっと自負さえしていたのです
思い込みって怖い 

ところが その数年前 病院で
「この手は ***病の人らしい手ですね
腫れてますねぇ」

って言われて・・・
実は
まったく腫れてませんでした その時


そう言えば
中一の時
ジンマシンが出て
保険室の先生に手を見せたら
その時にも
「腫れてますねえ」
って 言われたような そう言えば・・・

そして
つい先日
お世話になってるS子ちゃんとご飯を食べているとき

実は 中学校の時バレー部でねえ
と そこまでしか言っていないのに

「ほんでそんなに 手がおっきいがぁ?」
って 言ったよね・・・
はりねずみ


そう すべての発言が
私の お手手の形状を物語っている

でも大丈夫
あの 高校生のころとは違って
今は 充分自覚しておりますから

まあ 我がお手手のことは 先日カミングアウトしてしまいましたので
ご存じのとおりで
ここに出てきた すべての皆さまに嘘も他意もなかったことは
自他共に認める
周知の事実であろうかと思われます

で何をお話したかったかというと
実は 
前述の スミオちゃんと
本当に 数十年ぶりに 会うことがありました

それは お別れセレモニーでの出来事
亡くなったのは そう 私のことを横綱と言った校長先生の
奥様
学校では 妻A・・子と 校長自慢の奥様でした
御年80数歳の天寿をまっとうなさり

各界から 色々な方が駆けつけておられたようです

でも そういうことにはとんと疎いので
自分の廻りのことしか 気がつきません

そこで こちらも数十年ぶりに
出会ったRちゃんと しばし歓談
そんな席で歓談というのもおかしいのですが
ともかく 幕間を借りて 数十年ぶりの旧交を温めている最中

彼女は 確か 明石か加古川の出身だったと思ったので
「どうやって来たの?」
と聞いたら
「(あの人に)乗せてきてもらって」
と 指差す先に おじさんが一人
「ふうん」
知らない人だ どういう関係?
かと思って 聞いたら
その人こそ
だれあろう スミオちゃんだったのです

あんまり わからなかったので
おかしいくらい

そう 多少はわかるものでしょう
もしかして ***君かなとかくらいは・・・

いや なんというか
老けすぎていたからでもなく
若いのでもなく
まさに年齢にぴったりな感じのおじさん
つまり
「おじさん」と固有名詞で呼ぶのに
ぴったりなキャラの人となっていたので

キツネにつままれたような感覚
恐る恐る
「スミオちゃん???」
って聞いたら
「無視したねえ」
って (そう言えばこの言葉もよく言われる)

いえ まったく無視しておりません
本当に気がつかなかったのです

思うに私の風貌は 昔とそう変わっておらず
そのまま おばさんになっているので
おおよその人からは 私だと識別される

なので とっくに気がついていた
スミオちゃんには 
まるで知らない人と接するような私の態度は
無視しているように見えましたでしょうね 確かに
数十年ぶりの旧交を温める暇もなく
とんぼ返りした スミオちゃんとRちゃん

おじいさんになって会っても また無視するかも・・・

そう言えば
京極夏彦の小説に
顔を覚えられない人の話が出てきてました
私も そういうタイプかも・・・

スミオちゃん まさか
私のこと このお手手で識別したんじゃないでしょうね
モー娘


皆さまの美しい御手にて
ポチっとお願いいたします
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村

Comment

2011.06.14 Tue 13:02  

いつ見ても独特のterunoさんのブログ(*^_^*)
楽しみにしてます~。

京極夏彦読むんですね!
「顔を覚えられない人の話」
ありましたね~。

・・・女郎蜘蛛?塗仏?
私は、『内容』が覚えられないみたいです。(^_^;)
  • #-
  • ケーブル社員T 
  • [URL]
  • [Edit]

2011.06.14 Tue 13:39  

>T様
そう ネタに困り わが身を削って書いております。(*^_^*)
私も どの本だったか???です。とっくに。
また ポチリをしに来てやってくださいな。
  • #-
  • ☆ケーブル社員T様 
  • [URL]
  • [Edit]






(編集・削除用パスワード設定)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://iekonnakoto.blog53.fc2.com/tb.php/315-48aeb41b

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

ただいま参加中 !!

高知のブログいろいろ

よろしければポチリと↑

プロフィール

te-chan

Author:te-chan
SAI 一級建築士事務所
MASAOKA.co

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

time

FC2ブログランキング

thanks!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Copyright © te-chan