家 こんなこと

 彩-SAI- 

2012.08.06[月] 厳戒体制続行中

ネットの宣伝文句に
「みんな一緒に引っ越してもらいましょう」
「その代り 食べ物になりそうなものは絶対置かないようにしましょう」
と書いてあったので

いつになく
きれいな 台所となり
一切食べ残しなどを放置しない
生ごみもおかない

ずぼらな私の台所にしては
いつになく きれいな状態になっている

・・・・にもかかわらず

落し物は無くならない
ある朝は 石鹸が
ある朝は 流しの排水溝のゴムの蓋が

石鹸は見事 歯固めのためにか 削り取られ
ゴムの蓋はぼろぼろになっていました

おかしい?!食べ物は無いはずなのに
しかも 外には出られない状態
なのに なぜ?


・・・ とよくよく眺めてみますれば
あるじゃないですか
お米の袋
なんとなく そこは見たくなかったので
見ないふりをしていた米袋

頑丈な米袋も
排水溝の蓋をかじるほどの牙の持ち主にかかったら
あっけないものです
大きな穴が開いておりました

そりゃ 出て行かないはずです
無尽蔵な食糧庫があったんだ
おバカさんな私

即刻 米袋の移動
♪♪ 隣のネズミが米食てチュウ チュウチュウチュウ ♪
という フレーズが浮かんできました

ようし
これで 本当に 家の中に食べ物は無くなったはず

これでっと
侵入路 とおぼしき 露天風呂の入り口の 外部側に
ネズミの食べそうなものを置いて
一晩 開けっ放しにしておこう
そうしたら 出ていくかも・・・


仕方ない
それで 出て行かなかったら
強硬手段に出るしかない

ラットキラーで全滅させるしかない
と 再び ネットで 薬を注文し

その薬が届くまでに
まずは
頼り無い方の計画から
実行に移そうと
あとは お風呂の扉を開けて明日を待つばかり
と 準備を調えた その晩

不思議なことに 夫がいると
姿を現さないその闖入者
その晩に限って
夫の前に姿を現したらしいのです
(らしいというのは すでに疲れ果てて
床についていた私は直接その様子を見ておりません)

それまでは 他人事よと知らん顔だった彼が
闖入者を見てしまったものですから

夜中に俄然やる気が出てしまったようで

ピアノの後ろ
冷蔵庫の後ろ

ありとあらゆる 隠れていそうな場所の探索を始めたのでした

普段ですと 手荒な夫の行状をたしなめる私ですが

猛烈な眠気のために
止める元気もなく ただ手伝わなくて 悪いなという罪悪感と
明日の朝が大変だ きっと 下はすごいことになっているという
かなり確率の高い予想とに襲われながら
眠りについてしまったのでした

そして
翌朝
想像通り 家具がいろんなところに移動して
いろんなところに 新聞紙が散乱しておりました

「出て行った?」
と聞いたら 
「わからん」 という返事

そうか 

少なくとも 食べ物は無い
潜んでいそうな場所は 根こそぎ捜索済み

あとは
ちょっとだけ 開け放していたドアから
そっと出て行ってくれたことを願うのみ

*************


ネズミどころではなかった
この数日


気づけば
闖入者の気配は感じられなくなっております

しかし
まだまだ余談を許さない状況 
厳戒態勢を維持しつつ
窓の開放はけしてしない と胸に誓う私です


ねずみはかなり警戒心が強いらしいのですが
この件に関しては 私もかなり 警戒心を強めております


ちなみに私の干支は ねずみ です
 harinezumi2[1]


人気ブログランキングへ


Comment






(編集・削除用パスワード設定)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://iekonnakoto.blog53.fc2.com/tb.php/533-ed1d61af

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

ただいま参加中 !!

高知のブログいろいろ

よろしければポチリと↑

プロフィール

te-chan

Author:te-chan
SAI 一級建築士事務所
MASAOKA.co

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

time

FC2ブログランキング

thanks!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Copyright © te-chan