家 こんなこと

 彩-SAI- 

2012.09.21[金] ジャワ更紗で・・・ 変顔見せたかったのではありません

クッションカバーを選んでいる最中から

「洋服も ぜひ着てもらいたい」と大先輩

内心
「ぜひ 着てみたい」と興味津々のワタクシ

そして・・・


クッション騒動と見学会騒動が終わった夏の終わりに

お洋服用にと
結局
お生地を選んでしまった???
次第です

チラチラと聞くところによると
更紗には
生地だけでも 数十万円するものもあるのだとか

ええ???
それは 困る・・・

と思いながら・・・も

もはや あとには引けない・・・し
着心地の良さには ものっすごく惹かれておりまして

まあ この機会に と
2枚の布を選んでみました

そして
先日 仮縫い

20年ほど前に おばあちゃんの遺言で
紋付の羽織を 洋服に仕立ててもらったとき以来の
オーダーメイド

その時思いました
オーダーメイドの洋服の善し悪しは 
縫う人の 
技はもちろん その感性にかかっているのだと

明治生まれの
祖母の紋付は もちろん正絹の一級品だったのですが
縫ってもらって 仮縫い 仕上がり
完成していくほどに がっかりと気持ちがしぼんで行ったこと 忘れません

ですから
何人かの 先生の中からどの人にする
と 聞いていただいたときに
「できれば 上手な先生に」
と迷わず頼んだ次第です

そして 仮縫いに挑んだ日

2枚の布で
チュニックとブラウスとワンピースができあがりつつあったのですが

まず
一枚め
・・・・・・

うーーん・・・

なんですか? これ?
いや こんなもんなのかな

とか 心の中で思いつつ
言うべきか 言わざるべきか

更紗の中では安いとはいえ
けして お安いわけではない この生地を
ばあちゃんの羽織と同じ末路を辿らせるわけには行かじ


この際
①ついていた半袖を 取る
②生地の使い方(模様の出かた)を替えてもらう
③着丈を長くする

という大改造注文をお願いしました

そして
先日 出来上がったのがこちら
バリの
いえ あの (笑)を取りたかったのではなく
どんなポーズやったっけ

ジャワ更紗を着ているらしく
ほら バリ風ポーズ

どんな ポーズやったっけ
こう?

いやあ
冗談はともかく
さすが 名指しで ご紹介いただいただけの先生

仮縫いの意味が良くわかりました
あの日が勝負だったのですね

抜群の着心地の良さ

9月のこの時期に仕上がったので
来年春から着ようかと思ったのですが

この着心地は
1年中手放せない感じです

アームホールも
きつからず ゆるからず
ノースリーブなのに
下着も見えにくいのは さすがの仕上げです

しかし
この仕立てをしてくださった先生も
もう70歳を越えていらっしゃると思います

若い御仕立て人は育っているのかしら
・・・とちょっと心配になる私です

ともかく
ワンピースとブラウスも出来上がったら
ご紹介します
乞うご期待(*^_^*)

人気ブログランキングへ




Comment






(編集・削除用パスワード設定)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://iekonnakoto.blog53.fc2.com/tb.php/562-4b5e61f0

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

ただいま参加中 !!

高知のブログいろいろ

よろしければポチリと↑

プロフィール

te-chan

Author:te-chan
SAI 一級建築士事務所
MASAOKA.co

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

time

FC2ブログランキング

thanks!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Copyright © te-chan