家 こんなこと

 彩-SAI- 

2012.11.27[火] めざせ アンパンマンミュージアム

お友達の寺村さんに
道を教えていただいて

ともかく
あの茶碗を作った作家さんの作品を見たい
という一心で

不案内な高知県東北地域に
車を走らせました
あ 聞いたことある地名
神母の木

神に母と書いて
「いげのき」 と読みます

と 確か大学時代に
歴史の先生かどなたかがおっしゃっていた
いげのき や

まちがいない
アンパンマン方向に走っているはず・・・

一応 ナビを入れてあったのですが
まったく 信用しておらず
アナログな感じで 目的地に アプローチしておりました

途中
寺村さんが
「かなり 道も狭く
すれ違えないかもしれない
でも その方のお住まいは
その集落の中でも下の方やき 大丈夫」
って 励ましてくださったことを
心に刻み

ともかく
こんなバス停があるなんて
まだまだ 人里
目的地は遠そうだ

途中
物部出身の友達からも連絡があり
「そこに行くには
アンパンマンミュージアムを通り過ぎて
ちょっとしたら左に曲がる
川を渡らんといかんけど
曲がるところがわかるかなぁ・・・」

という情報

こうなってくると
ナビも頼って
次は左 次は左と 左ばかり見ていたら
右手にあった アンパンマンミュージアムは
いつのまにか 通り過ぎていて

いつものように
ナビが唐突に
間もなく 左方向です」
と知らせてくれたけれど

いつものように
軽く 通り過ぎてしまって

それでも
Uターンとは 言わないので

これから先でも左に曲がれるのだと確信し
今度こそ
左に曲がる道があったら
ナビの声などあてにせず
勝手に曲がろうと決心して

決心した道を
きっぱりと左に曲がりました


くねくね
左右に住宅立ち並ぶ 車一台やっと通れるくらいの道を通って
くねくね

思わず おうちの庭さき(車から1メートルも離れてないくらいの近さ)で作業をしている方に
「あのぉ このさきに橋ありますか?」
と聞くと
「まっすぐ行ったらありますき」

ホッと一安心
ナビは完全に無視

やっぱり 人海戦術よ

そして
ありました
橋が
この橋を渡り

そっか
きっと あの集落やね

ああ
遠かった 

でも
やっと着いた

あんな あったかそうな山あいの村で
陶芸をしているのね

ロマンチック・・・
もうちょっとや

とか 色々な想像をかきたてながら
橋を渡りました

人気ブログランキングへ


Comment






(編集・削除用パスワード設定)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://iekonnakoto.blog53.fc2.com/tb.php/617-a5288122

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

ただいま参加中 !!

高知のブログいろいろ

よろしければポチリと↑

プロフィール

te-chan

Author:te-chan
SAI 一級建築士事務所
MASAOKA.co

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

time

FC2ブログランキング

thanks!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Copyright © te-chan