家 こんなこと

 彩-SAI- 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.01.22[火] ハナミズキ 一青窈

昨年末
教育上 と言われると
あまりよろしくないのですが

年も押し詰まり
御用?も収め 収めきって 
「ふぅー もうこれで今年は会社に行かんぞー」と決心したとたん
ちょっと嬉しくなり

スタッフのMちゃんと Y子ちゃんと
その家族全員と 社長と私とで
お食事をしに行きました

そしてなんとなく
カラオケに行きました

大人たちは盛り上がっていたのですが
小学生のお兄ちゃんたちは
あの ギンギンのミュージック流れる中
DS (ディーエス どうやって書くのかさえ知らない)
昔で言えばゲームボーイなるものを ずーっとやっておりました

普段だったら 
「もういいかげんにしいよ!!!」
と言われるところ

大人たちは 歌に夢中ですから
ここぞとばかりに
DS三昧の数時間



ところが
「ハナミズキ」が始まり

タンバリン

いい歌だ 
と指揮者気どりの
タンバリンタタキの私もしんみり口ずさんでおりましたら

今までDSに夢中だった
Mちゃんちのりょうちゃんも Y子ちゃんちの まあくんも
小学生全員が 口をそろえて一緒に謳い始めたのです

♪つぼみを あげよう 庭のはなみずき
♪♪ うーすべにいろの かわいい きみのね♪

♪ 果てない夢がちゃんと おーわりますように
君と好きなひーとが 百年つづきますように♪♪


指揮

期せずして
場内大盛り上がりの感動の大合唱
となり

つづけて エバンゲリオン??
の歌が始まったため

否が応でも
場内は最高潮

そのままのテンションで歌は続き

まだまだ 歌えるのに・・・ 
という自己中な私とは裏腹に
約一名の冷静なパパからの
「そろそろじゃないですか・・・」
と言いにくそうな おひらきの提案があるまで
そのまま 盛り上がり続けたのでありました

ふと気づけば
もはや 良い子の寝る時間は とっくに過ぎており

大人たちは反省しつつ
家路を急ぐこととなった
わけですが・・・

コホン(-_-;)
本日お伝えしたかったのは
そんな 私たちのご乱行のことではなくて
 
あの 大合唱
自然に湧き起こって来ただけに 
よけいに 感動的だった 
あの感動の一場面

子供の心にも響くのですね
あの歌詞 あの曲
歌詞の意味は不明かもしれませんが
やっぱり曲かな

そして
先日
孫のまなとが我が家に遊びに来た時のこと

妹のユイに歌わせて
ハナミズキをピアノで伴奏をしておりました

するとなんだか
なんか 背中のあたりがスウスウする
後ろを見ると
デッキ側の 窓が全開になっとるではありませんか

「コラ まなと!!!」

「ストーブ切るか窓締めるか
どっちかにしなさい!!!」
と けちな叱り方をした私に

彼曰く
「みんなに 聞かせようと思うて・・・」
薄紅

私としては
上手くもないピアノ ご近所の迷惑にこそなれ
窓まで開ける必要な~し

と きぃっと青筋たてたわけですが
思わず叱った自分を反省いたしました

彼にしてみれば
いい曲だから 聞かせたい
と思ったのでしょう

ハナミズキ という曲には
なんだか そんな 力があるようです

あの大合唱といい
この孫の行動といい


「来年のお正月には 
みんなで合唱すればえいやんか」
という まなとの提案に従い
1年かけて練習することにいたしました

来年はお正月早々
我が家は
ハナミズキの大合唱で幕を開けることになりそうです(*^_^*)

今さらですが
ハナミズキ 良い曲です

人気ブログランキングへ







Comment






(編集・削除用パスワード設定)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://iekonnakoto.blog53.fc2.com/tb.php/651-77a596ef

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

ただいま参加中 !!

高知のブログいろいろ

よろしければポチリと↑

プロフィール

te-chan

Author:te-chan
SAI 一級建築士事務所
MASAOKA.co

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

time

FC2ブログランキング

thanks!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Copyright © te-chan

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。