家 こんなこと

 彩-SAI- 

2013.07.19[金] 空っぽ・・・

昨日も 須崎―阿南間420キロを
ひた走りに制覇いたしました

飛行機くるり

もちろん 車です

前回 意外と近く感じたこともあり
トリップメーターもゼロに合わすこともせず
ガソリンも6ぶの残量であっても
まあ 大丈夫かと
ちょっと そこまで感満載
一路 徳島 阿南を目指したのでした

昼の12時ごろ出発で
この日のうちに帰ってくるという強行軍でしたが

このたびも意外と早く到着した感があり
帰途についたのが午後5時ごろでしたでしょうか

下道の知らない道を運転する時は
ひたすら ナビ様の言う通り

高速に乗ってしまうと
あとは スイスイってな感じで
もはや ナビにも目もくれず

快調に 川之江ジャンクションを抜けたところで

ピッという音が・・・

え???
今の何の音???

久しぶりに
燃料の残量メモリに目をやると・・・

ソリ?

「もうあと少しですよ!!!」
マークが点灯した音だったのです

おバカな私は
2度目の気軽さも手伝って

ガソリン残量のこと
すっかり忘れておりました

だって 燃料計に目をやったのは
帰り路
この時が初めてでした・・・
ば か ・・・


そう言えば いつかも
この辺りで ぴっと音がしたことがあったっけ

あの時は
ハイブリッド車じゃなかったので
もっと恐ろしかった
そう 私が 一発*停 という四字熟語を食らったときの
代車で いい車だったけれど
燃料を食う車だったっけ

そう 確かあの時も
川之江近辺で残量が少なくなり
燃費が悪いので
大豊で 途中下車して

夜も更けていて
ガソリンスタンドは空いておらず

結局
南国まで戻っていれたんだっけ
あのときも怖かった・・・


しかし 今日は
プリウスアルファ
なんたって ハイブリッドだから
南国インターまではなんとかなるさと


大豊から 下り坂続く 下り車線を
静かに 静かに 慣性の法則を利用して
走っておりました・・・

ら 
な な な なんと
燃料計が こんなことに・・・
空っぽ

隣に座る
ガス欠経験者に
「ねえ こんな空っぽになったことある?」
と聞くと
「無い」
と一言


えええええええ!!!!!

下り坂 とりあえず
慣性の法則で 止まってはいない
なんとか 南国インターを出るまで
止まらないでぇぇぇ
と 心で叫びながら


薄氷の上を滑る気持ちで
料金所を出たときには
「えええい あとは 野となれ山となれぇ」
のホッと心境でした


**********
南国で給油

「こんな表示になってますけど」
GSのスタッフに
「すごくない?」
と 一生懸命アピールしたのですが
聞こえなかったのか 意識的にか
まったく無視して
「37リットル満タンです」
と言われました


ふううん
そんなに小さかったの
アルファのタンク


で 
今朝 トヨタの営業さんに電話で確認したところ
45リットルなのだそうです
満タンで

満タンの入れ方が人によって違うかもしれませんが

あんな 空っぽ表示になっても
数リットルは残っているということですね

燃費の良い車なら100キロ近くは走ると

考えてみれば
ガス欠経験者なる人たちは

燃料計を見ていないから

恐怖心も何も無しに
突然
止まるのわけです

・・・でも
高速の上 空っぽ表示 

という 状況下では 
そんなことを冷静に考える頭は
まったく無くて
ガス欠経験者の
経験したことが「無い」
という返事に
さらに恐怖心が あおられたという次第です

危ないと思ったら
早めに給油することが一番ですが

今後の参考のために
メモリゼロになっても

皆さま 
慌てず騒がず
速やかに 
高速道路から撤退する方法を考えてください

ああ 怖かった

人気ブログランキングへ



Comment






(編集・削除用パスワード設定)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://iekonnakoto.blog53.fc2.com/tb.php/779-80e0b630

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

ただいま参加中 !!

高知のブログいろいろ

よろしければポチリと↑

プロフィール

te-chan

Author:te-chan
SAI 一級建築士事務所
MASAOKA.co

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

time

FC2ブログランキング

thanks!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Copyright © te-chan