家 こんなこと

 彩-SAI- 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.08.24[土] ローン レンジャー

小さいころみた海外のテレビドラマ
「名犬ラッシー」
「腕白フリッパー」

ドリスデイの
ケセラセラ が主題歌の
あれは なんと言うドラマだったか

そして
「奥様は魔女」

「大草原の小さな家」

ちょっと大きくなったら
「チャーリーズエンジェル」
これは もう小さいころのドラマではないか

そうそう 
「西部二人組」
とかいうドラマもありました

ローンレンジャーの広告を見て
「ホラーじゃないですよね」

まず チケット売り場の方に確認
ローンレンジャー

「ナショナルトレジャーとか好きですが・・・」
と言ったら

ならば 大丈夫でしょう
というお墨付きをもらって
入場

久しぶりの映画館

最近
閉所恐怖症になっている感のある私
あたりが暗くなると
息苦しく感じる

ううう
やっぱり
家でお気楽に見ていた方がいいな

など と思いながら
映画が始まる

フロンティア精神満載の
ゴールドラッシュに沸くアメリカ

とある町まで
極悪非道のお訪ねものを運ぶ列車

その町で
処刑執行を待ちかまえる保安官
(この保安官のことですか
ローンレンジャーって?)

列車を襲うお訪ねものの手下
列車から逃走する
お訪ねもの

追いかけるローンレンジャー達

荒野に倒れる
ローンレンジャー

あっという間に殺されてしまった
ローンレンジャーの一人
原住民トントによって
蘇る若き検事ジョンり―ド

トントは
もちろん ジョニーデップ

この
若きローンレンジャー
どっかで見たことあるイケ面
と思ったら

「ソーシャルネットワーク」の
双子役で
(だから 二役してたんですね)

「白雪姫と鏡の女王」
の王子様役だった人だそうで
稀に見る好青年
アーミーハマー という俳優さん


物語は 非常に単調なわけです

悪者が脱獄
捉えようとした正義の味方は全滅

一人のイケ面が蘇る
復讐に燃える
それを助けるトント

みたいな・・・

途中まで
なあんだ これで王道エンタテイメント って
あなた
馬鹿にしてませんか?

みたいな気持になっていた
物語後半
いや ほとんど 終わりの方

♪♪♪ 
ぱぱぱんっ 
ぱぱぱんっ

ぱぱ ぱん ぱん ぱん ぱん
ぱん ぱん ぱん ぱん
ぱん ぱか ぱんぱんぱん


というファンファーレ
とともに 白馬に乗った
ローンレンジャー登場

ここからの 小気味のよさったらありません
「ウイリアムテル 序曲」
(ひょうきん族のテーマソングでしたよね)

もう 最高!!!

本当に ここからのシーンで
それまでの単調さが すべて許せました

そこから 一気に引き込まれたものですから
久しぶりにパンフレットまで買ったのですが

ローンレンジャーは
80年前のラジオ番組がオリジナルなのだそうです

その時から
「ウィリアムテル序曲」
が 使われていたのだそうで
なるほど なるほど

今の若者は 知らない人も多かろう

わざわざ解説してくれていました

そう聞くと
なるほど とうなづける
作り方ですね

1933年から1954年まで続いたそうなので
すごい長寿番組

なんにせよ
私は かろうじて生まれておりません
その他の予備知識もなかったので

それは 知りませんでした
と 感心したわけですが

終盤にそうやってエキサイトし

あの曲のタイトルなんだったっけ

エンドロールを
目で追っておりましたら
そのまま 字幕が終了するまで
座席に座っている
ということになってしまいました

曲名は
探し出すことができなかったのですが
・・・(情けない)


あまりに真剣に最後の字幕を目で追ったので
その代りと言ってはなんですが

映画づくりの スタッフの多さに
驚きました

あれでは
ハリウッド映画の製作費って
ものすごい額になるのもわかります

半分は主演俳優さんのギャラ
もっと?



単純で 
温故知新な映画

ウィリアムテル序曲
の タイムリーな?使い方

いやあ 気持ちのよい映画でした

面白かった

あの曲を
あのシーンで
もう一度聞きたいから
もう一度みてもいいかな
とまで 
思わせる そんな映画でした

人気ブログランキングへ





Comment






(編集・削除用パスワード設定)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://iekonnakoto.blog53.fc2.com/tb.php/797-d4f1e319

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

ただいま参加中 !!

高知のブログいろいろ

よろしければポチリと↑

プロフィール

te-chan

Author:te-chan
SAI 一級建築士事務所
MASAOKA.co

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

time

FC2ブログランキング

thanks!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Copyright © te-chan

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。