家 こんなこと

 彩-SAI- 

2010.06.18[金] ジョン万次郎  

土佐清水への小旅行
出会い博のサテライト会場だという事も知らず
導かれるままに 連れて行ってもらった場所には
こんなにもインパクトのあるオブジェが聳え立っていました

ジョン万次郎

日帰りのかつお舟で、遭難
何日かの漂流の末 たどり着いた無人島

数ヶ月の遭難生活のあと
たまたま通りかかったアメリカの捕鯨船に助けられる

そのまま捕鯨船に乗り込み
その働きぶりと賢さを認められ
船長の養子となり アメリカで教育を受ける

14歳で遭難してから数年
20歳を過ぎた万次郎は
日本に帰るだけの旅費を稼ぎ出し

幕末の日本に帰ってくる

その後の働きぶりは 先日 龍馬伝でも 紹介されていた

女房運にはあまり恵まれなかったらしく
アメリカではフィアンセに先立たれ

帰ってきてからも2人の奥さんをなくしているとのこと
それが原因で 万次郎の子供たちはみな医者になったのだそうだ



万次郎が育った中浜
万次郎の生まれた入り江

ウバメガシこちら


備長炭の元 ウバメガシ
なんとなく 熱帯な感じのする足摺


ジョン万次郎の姿で万次郎を熱く語る
足摺国際ホテルの会長様の名調子のガイドが心に残る

小さい頃から何度も行ったことがある
という方も
このサテライト会場を目標にもう一度
足を運んでみてください

そして できれば
だめもとで 足摺国際ホテルの会長様にガイドを頼んでみてください

昔から知っていたはずの足摺が
全く違って見えてきますよ


幕末の志士たちに大きく影響を与えたであろうジョン万次郎
彼を育んだ 緑豊な 土佐清水の旅

とても気持ちの良い2日間でした 










Comment

2010.06.19 Sat 13:28  

いいですねぇ。
豪放磊落な南国の海。
うちの祖父もそのあと明治の後半に
アメリカに渡りましたが、ジョン万次郎の
影響はかなりあったでしょうね。
  • #-
  • トトロ&KK 
  • [URL]
  • [Edit]

2010.06.19 Sat 14:44  足摺国際ホテル♪

足摺国際ホテルの取締役会長さんのガイドは
楽しいガイドでしたねぇ~♪
色々な話を分かりやすく楽しく話しされて♪
やはり名物観光ガイドをして欲しい人物になりそうですね♪

2010.06.20 Sun 16:10  

ご案内くださったのは
会長様だったのですね。
ともかく 楽しく タイムリーな
ひと時でしたね。

  • #-
  • ■idsai 安芸♪子様 
  • [URL]
  • [Edit]






(編集・削除用パスワード設定)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://iekonnakoto.blog53.fc2.com/tb.php/81-7ef034c6

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

ただいま参加中 !!

高知のブログいろいろ

よろしければポチリと↑

プロフィール

te-chan

Author:te-chan
SAI 一級建築士事務所
MASAOKA.co

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

time

FC2ブログランキング

thanks!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Copyright © te-chan