家 こんなこと

 彩-SAI- 

2013.10.14[月] 盛りだくさんの一日 その3 吉田幸雄先生の教え

朝礼が終わると朝食
食事の前の 
「はしとらば」
の 一場面が流れました

これぞ明徳 という一日の行事?です

「箸取らば」
というのは

食事をいただく前
吉田幸雄校長が
ご飯をいただけることへの感謝をこめて
当時の生徒(今もあるのかしら)に
吟じさせた
言葉です
「はしぃ とらぁばぁ
あめぇ つちぃ かみぃの
おんめぐぅみ 
きみとぉ みおやのぉ ごおん あじわうぅ」

「いただきます」
となるわけです

今日の食事をいただけることへの感謝
自然の恵み 神様への感謝
作ってくれたお百姓さんへの感謝
食堂のおばちゃんへの感謝
そんな気持ちを込めて
吟じておりました

その 懐かしい 懐かしい
「箸とらば」の風景が
ビデオにて 流されました

「箸とらば
雨 土 神の御恵み
きみとみおやの御恩味わう」

これ一つとっても私たちはなんと恵まれた
中学高校時代を過ごさせてもらったことでしょう

知らず知らずのうちに
尊い精神を 教えてもらっていたのです

当時は
軍隊方式で 嫌だと思えた
朝礼

昔風で ダサいと思えた
食前の感謝の言葉

どれも みな
今では 宝物のような体験です

ありがとうございます


参加してくださった
尾崎知事ほか 御来賓の方たちがみな
口をそろえて

「わずか 40年でこれだけの功績をなしえた学校が
あるでしょうか?」

立派なご挨拶

みなさん口をそろえて
短期間での功績を褒めてくださいました

吉田幸雄先生が
生前 こうおっしゃっておられました

「自分の学校が無くなるくらい寂しいことはない」


学校を作りたいという夢をかなえた先生の
次の課題は
その学校を どう繁栄させるか発展させるか
にあったと思うのです

有名にするのに
一番手っ取り早かったのが甲子園
スポーツで名をはせることが
学校を有名にする近道

その先生の想いは 見事に花開き

甲子園での活躍
琴奨菊を始め
今をときめく
松山ひできくん
横峯さくらさん

プロの世界で活躍できる誇らしい卒業生

スポーツ会で活躍することで
全国に名前が広がりました

スポーツ方面でだけ
有名となることへの
わだかまりを感じた時期もありました
在校生時代から 教職員気どりの私たちでしたから
卒業してからも そういう感覚だったようです

でも
今回 開校当初のビデオやエピソード 写真
を改めて見て 聞いて

御来賓の方々のおっしゃるように
今こそ
吉田幸雄校長の目指した
本当の意味での明徳の真価が
問われる時代を迎えているのではないかと感じました

心の教育が道しるべをなくしている今
そんな教育はどこでするのか
社会? 学校? 家庭?

今こそ明徳でしかできない教育を
その教育が素晴らしいと信じる教員 スタッフにより
実現してもらいたい
そして 明徳ならばできる
私たち卒業生も応援する

なんだか 急に そんなことを想い
心ふるえることとなった

40周年記念式典でした

吉田幸雄校長先生
ありがとうございます

人気ブログランキングへ










Comment






(編集・削除用パスワード設定)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://iekonnakoto.blog53.fc2.com/tb.php/822-ed170296

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

ただいま参加中 !!

高知のブログいろいろ

よろしければポチリと↑

プロフィール

te-chan

Author:te-chan
SAI 一級建築士事務所
MASAOKA.co

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

time

FC2ブログランキング

thanks!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Copyright © te-chan