家 こんなこと

 彩-SAI- 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.11.12[火] 老いたら やっぱりお金か・・・ああ現実

認知症というのは
その人のそれまでの性格を一層強調させる病気なのでしょうか?

父は戦前戦中戦後を生き抜いた人
腰に手ぬぐいぶら下げて
爪に火をともすように
非常に質素な 粗末な生活を
好んでやって来た人で
無駄をことのほか嫌います

一方で
私たちの学費には
惜しむことなく その蓄えを注いでくれた
(それが一番無駄だったといことにならないよう生きて行かねば)

大恩ある親です

って 
親というだけで恩がある存在なのに
ママあかちゃんパパ



まあ そんな人が
少々老人特有の症状を醸し出し始めるとと
どうなったかというと

片っ端から 
コンセントに挿してある
コードを
抜いてゆきます
もったいないから?


家にいるときもそうでしたが
ホームに入ってからも

そこら中のコンセントから
コードを抜く

スイッチというスイッチは切る
エアコンのコードも抜く
危ない と言っても抜く

ですから?
ホームの
火災報知機のボタンも
がっつりと
押してしまって
大騒ぎになったほど

ともかく
徹底的に
切って行きます

そして
昨日 姉からの電話
父に
1週間電話しなかった間に
どうやら 
テレビの
リモコンの操作も危うく
なっているらしい
との情報

近くにいる私より
東京の姉の方が情報通

では
ということで
ホームに行って
テレビをつけようとすると
緑  黄色

なるほど
今日もコンセント抜いてある

「またまた やってますね」
って感じで
コンセントに差し込んで
リモコンのスイッチを 押してみますと

うんともスンとも言わない

<電池切れ>
なんだ
父の症状が進んだのではなく
リモコンの電池切れか


ちょっと安心して
電池を取りに帰る

そして
再びホームにもどり
電池を挿入

しかし
うんともスンとも言わない

<リモコンの故障>
つまり
リモコンが壊れているのか

ならば
電気屋さんだ

電気屋さんに走り

修理かと思いきや
修理はできないので
新しいリモコンを買ってくれとのこと

まあ いいわ
そのほうが早い


リモコンを買って

三度目のホームへ

そこで
乾電池を入れて
押してみる

あれ つかない
さっきから 出したり入れたりしているうちに
消耗済みの乾電池を入れていたのか

交換して

4度目のホームへ

ああ やっと点いた

かれこれ2時間あまり
わずか テレビのリモコン一つに
こんなにかかってしまいました

これも 日々 ホーム任せにしている
親不孝な娘への神様からの思し召しか

クリックりに散髪してもらった
坊主頭で万年青年にも見える父と
数時間旧交?を温めることとなりました


で 
<発見したこと>
リモコンが言うことを聞かない?ときに
主電源はどこかと探していたら
「確か左側に」
と父

茶色  黒

ありました
確かに左側に

認知って どういうことなのでしょうね?
この辺りは私よりしっかりしている

そして
結局
最初に姉から通報のあった
リモコン操作も危うくなっているかもしれない
父の認知進行疑惑も
単にリモコンが壊れていただけだと判明

色々判明してよかったなと思ったのですが

<ふと思う>
父には 私たちのような 娘がいるので
色々判明もいたします


一人ぼっちのお年寄りは
色々判明することもないまま

はい 認知症だから
と 片づけられるのでしょうね

まったく親孝行ではない自分が言うのもなんですが
父はある意味幸せだな と思うのです

一緒に暮らしていたら
骨肉の争い?
って言うか
修羅場になっていることだと思うのです

ひっきりなしにコンセントからコードを引きぬく父
大恩も忘れて
取っ組み合いをしているかもしれません
いえ 確実にしています 

でも この距離間があるからこそ
いつも親不幸な分 
たまにならば 時間も手間も惜しまず尽くすことができる

最後の時には
しっかりとと腹はくくっていますが

まあ
そうこう考えると
歳とったら 
可愛い?娘と やっぱりお金か・・・
おさいふ

たいへん現実的なお話でした

人気ブログランキングへ


Comment






(編集・削除用パスワード設定)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://iekonnakoto.blog53.fc2.com/tb.php/833-7f5dda1c

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

ただいま参加中 !!

高知のブログいろいろ

よろしければポチリと↑

プロフィール

te-chan

Author:te-chan
SAI 一級建築士事務所
MASAOKA.co

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

time

FC2ブログランキング

thanks!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Copyright © te-chan

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。