家 こんなこと

 彩-SAI- 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.12.17[火] 

*************
今までも気にはなっていましたが
ソンドク女王役の女優さんが嫌いで 
見ていなかったのです

ところが
「馬医」 にも出演していて
大変好感が持てるではないですか

なんで 嫌いだと思っていたのかしら?


まあ それで
見てみようと思った次第です

************

面白い
先週風邪を引いて
数日 自宅にいられたせいもあり
26話まで一挙に制覇いたしました

まるで
グインサーガにはまって
それまで出版されていた36巻ほどを
一挙に読破した時の感じ

白鳥白鳥2

新羅の王様の娘として誕生した
双子の姉妹の数奇な運命?

なかなか
見応えがあります

かよわい双子の姉妹たちを
いたぶる?妖女ミシル

前半の主役は
むしろ
この怪女です
この悪役がいい
怪しく妖艶で賢くて


ここまでは
主役のトンマン(のちのソンドク女王)が
勇敢ではあるものの
後ろ盾もなく
孤立無援な感じで
やや 不安定な立場でしたが

あることをきっかけに
変身?いたしまして
じわっじわっと
少しずつ味方を増やしてきました


その味方の中に
いつか
「神々の晩餐」
の中で
私としては 主役の女優さんは
絶対この人と結ばれるべきだと思った

(なのにこの主人公は別の男性を選んだので
私的には評価の低いドラマとなりました)

好青年 チュ・サンウクが
突然現れて
今回は 期待通り
味方になってくれました (^O^)/


王女の物語だから
結末がわかっているのに

これほど面白いのは
どうしてでしょうか?

知に長ける
悪役ミシルに立ち向かおうとする
若者たちの雄姿
ブラボーと拍手を送りたくなります
きっとここからの見どころは
この爽やかな青年たちの活躍だと思われます

ううう 早く先がみたい
って感じの
今ちょうど中間地点です

最終回は
だいたい 丸く収まりますから
今が一番面白いところかと思われます

妖術なども出てくるので
実話なのか
ファンタジーなのか
と思っておりましたが

どうやら
ソンドク女王は 実在の女王のようです

日本では 
大化の改新とかやっていたころのお話


実在ではありながら
そのちょっとSFチックな作りが
私のツボにはまった原因かと思われます

ヒロイック・ファンタジー好きにはお薦めの作品です

善徳女王 はこちらから

人気ブログランキングへ

Comment






(編集・削除用パスワード設定)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://iekonnakoto.blog53.fc2.com/tb.php/860-dd938936

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

ただいま参加中 !!

高知のブログいろいろ

よろしければポチリと↑

プロフィール

te-chan

Author:te-chan
SAI 一級建築士事務所
MASAOKA.co

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

time

FC2ブログランキング

thanks!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Copyright © te-chan

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。