家 こんなこと

 彩-SAI- 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.10.30[木] 全力で走り切りました そして お・ま・け

試験会場は
カルポート

11階の音楽室
断っておきますが???
もちろん この日の朝も
勉強です
余裕はまったくありませんでしたので

間際までお勉強

そして
カルポート
音楽室は狭い
思っていたような
広い試験会場ではなく
mono136[1]

わあ
小学校の教室より狭いかも

まあ
そんなの関係ない

時間に余裕があったのですが
もはや まな板の上

試験が始まるまで
緊張のためか
室内の空調のせいか
鼻水が止まらず

こりゃあ 試験中も危ないぞ
とひやひや


「机の上には
受験票と筆記用具以外は置かないでください」
という試験官の言葉に素直に従い
ティッシュもハンカチも片づけて

試験開始

いきなり
ガツーンと殴られた感覚
全然わからん!!!

頭はここ1週間ほど
こりにこっておりましたので

ガツーンと言うよりも
ぼーっとなったまま
エンジンがかからない

と言った方が正しかったかもしれません

ひえー
しかも 鼻水が・・・

ええい
ままよ
注意されたら その時だ
と 荷物の一番上に置いておいた
ハンカチを手探りで 瞬時に取り上げ
鼻水対応
幸い 何の注意も受けず
汚いおばちゃんや
と思われただけで済んだ模様

鼻水対策ができたからなのか
中盤からは
意外と快調

前半は後で見直せ
と 
すっ飛ばして最後まで到達したときには
しかし
残り時間があと少々となっており
すっとばかした
前半の難解な権利関係の問題に
とりあえず答えて

どうしても解きたかった
遺産相続の計算問題まで 
見直しが到達したときには
残り5分

そこで ふと
「いかん!!!
学校で解答速報してくれるはず
答えを問題用紙に書きうつしちょかんと


なんとも本末転倒した思いに囚われ
貴重な残り5分を解答書き写しに費やした
馬鹿な私

しかし
とにもかくにも
こうして120分間の闘い
4か月足らずの苦闘は
幕を閉じたのであります


全くできませんでした
50問中
いつもは
できていなくても
40問くらいできているかも
と自信過剰だった
その私の手応え

10問あっているかしら・・・(-_-;)

そう思った瞬間から
応援団の皆々様の顔が思い浮かび
申し訳ない
せっかく期待してくれて
応援してくれていたのに

そして
学校で担当してくださったKさんに
合わせる顔がない・・・
「試験の後
答え合わせと解説を行いますので学校へ集合してください」
との お誘いでしたが・・・
解答速報も欠席・・・
黙って帰ろう

すっかり意気消沈
・・・・・

しかし 
考えてみれば
いつかはわかる点数
ならば
お世話になったKさんと学校への
義務として

答え合わせしてもらっておこう


学校まで
貴重な残り5分で慌てて書き写した
解答を持参することにしたのです

そして
丁重に
不出来な生徒の担当とならせたことへの
お詫びをお伝えし

解答作業を待つこともなく

そそくさと
その場を後にしたのでした

速報として
まず
外泊?という形で協力してくれた夫に
テストができなかったことへの詫びの電話

一人の家に到着

まったく
期待せず
Kさんからの電話を待ちました

今頃
学校では
合格者続出に沸いておるだろう
と しょんぼりと
半ば放心状態で
今朝までの戦場(我が家)で
ぼーっとしておりましたところへ

Kさんからの電話
こんなとき 私は 
相手にしゃべる隙を与えません
mono140[1]

「すみません
電話いただかなくてもよかったのに・・・」
相手も言いにくかろうと・・・

すると
Kさんいわく
「いやあ政岡さん
点数から言っていいですか?」

「はいどうぞ」

「31点です!」

「えー!そんなにできてました?」
と驚く私に

Kさん続けてのたまう
「今年は民法が難しかったのでボーダーラインが32点か33点
なんです。」

「はあ???」

「つまり解答の写し間違いもあるかもしれないので
結果は12月3日までわかりません」
mono95[1]


「学校では こんな短期間でよう頑張ったと
みんな言うてますよ」
って お褒めの言葉もいただいたりして

いやあ
複雑な心境です

滑り込みセーフを狙っては いたのですが
こんなにひやひやドキドキの結果になろうとは

最後まで 面白い???宅建合格への道のりであります

ちなみに
鉛筆を握りすぎた右手から肩 
そして頭の痛みはその後しばらく続き

おまけに
試験直後のぼーっとした頭で
カルポートの11階から
みんなの行く方向に なんとなく付いていってしまい

そのまま
らせん階段を下までおりる群れの中に
混じってしまったので
途中で離脱できなくなり
いやでも
転げ落ちそうになりながら
若者とともに
一番下まで降りていくはめに陥り

頭だけでなく
全身の筋肉痛に襲われた
わたくしでありました

今週に入って
やっと 普通の自分に戻ってきた感じです

ご清聴ありがとうございました

悪戦苦闘の4か月間の報告 
4夜連続で語らせていただきました(^O^)/


高知県 ブログランキングへ


Comment

2014.10.30 Thu 19:15  

本日の報告で大変さが倍増して
伝わって来ました。

お疲れさまでした。
o(*^ー^*)o
  • #-
  • KK 
  • [URL]
  • [Edit]

2014.10.31 Fri 12:52  

はい
私もこれで満足しました
  • #-
  • KK 様 ☆te-chan 
  • [URL]
  • [Edit]

2014.10.31 Fri 20:46  

神戸にご一緒した時は余裕を感じてましたが…この度はお疲れ様でございました。
こんな大事になっていたのも知らずに試験直前にとぼけたline(笑)スミマセン♪また、年末美味しいお酒飲みましょう(^з^)-☆
  • #-
  • Y子 
  • [URL]
  • [Edit]

2014.11.01 Sat 14:14  

ほんとです。

「なぜご存じ?」と
会場で見たあのラインにはドギマギしました。

Y子ちゃんと 神戸で豪遊したのが10月2日3日
試験が10月19日
そうです。
ズバリ
あの神戸が最後のリラックスタイムでした。
って いかに間際までやっていなかったかばれますね。
あのあとから この限界体制に突入したのでありました。

行きましょう(^O^)/
Aさんからもお誘い受けてるし
Mちゃんも明日で落ち着くでしょうから。
若者も誘って行きましょう。
  • #-
  • Y子様 ☆te-chan 
  • [URL]
  • [Edit]






(編集・削除用パスワード設定)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://iekonnakoto.blog53.fc2.com/tb.php/950-e9de703a

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

ただいま参加中 !!

高知のブログいろいろ

よろしければポチリと↑

プロフィール

te-chan

Author:te-chan
SAI 一級建築士事務所
MASAOKA.co

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

time

FC2ブログランキング

thanks!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Copyright © te-chan

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。